喧嘩が長続きしない理由(1)

おはようございます、ナナです。
前回、前々回の日記のコメント出来なくてすみませんでした土下座
(代理でノコに返信してもらいました)

とりあえず課題終わったどーーーー!!!ばんざい
昨日の夜、課題をしながらの状態で寝てたみたいで、気がつけば朝の4時56分あせる
携帯にはノコからのメールが3通・・・冷ホントにごめんなさい!!
とりあえずエンジン全開でようやくさっき終わりましたキラキラ
これで心置きなく東京へ旅立てます0
(夕方からへきるライブがあるのでw最終の飛行機で大阪に帰ってきますがw)

さてさて、お久しぶりのナナ日記になりますが、今回のタイトル「喧嘩が長続きしない理由」について書きたいと思います。

先日の日記にノコが書いていましたが、私達久しぶりにケンカしました(笑)
滅多にケンカをしない上、今回は珍しくノコが怒って電話を切るという事態に・・・冷
もうね、ホント焦りましたよガーン仲直り出来て本当に良かった・・・。

私達の場合2人とも「ケンカはどちらか一方だけが悪いんじゃない!!」というのが信条なので、たとえ原因を作ったのはどっちかだったとしても、結局は2人ともが悪かったと思っています。

そこまで怒るような事でもなかったな・・・とか
いくら向こうが原因でも私の言い方も悪かったよな・・・とか。

きっかけを作ったのは向こうでも、そのケンカの原因になるような事を後から上乗せしていったのはお互いなので、やっぱり片方だけが悪いとは思えないのです。
なので私達の場合、ケンカをしたまま~数時間経過というのはないです。
ノコは私より大人なので、その電話の最中に「ごめんなさい」と謝る事が出来ますし、
私はまだ未熟ですが、一旦電話を切ってすぐに「ごめんなさい」とかけ直します。

そしてお互い自分のどこが悪かったのかを言い合い2人で「ごめんなさい」をします。
相手の悪いところを言うのじゃなくて、あくまで自分の悪かったところを言う。
そういうことを続けていると、

「ここで謝ったら負けだ!!」とか
「向こうが悪いのになんで私から謝らないとあかんの!?」とか
「今謝ったら向こうが調子に乗り出すんちゃう!?」とか。

だんだんそんな風なことを思わなくなってくるんですよね。
あくまで私とノコの場合は・・・ですけど(笑)

あともう一つ「喧嘩が長続きしない理由」があるのですが(私はこっちの占める割合が大きい)
長くなったので続きは次回にします。


続き待ってるわよ~!のポチッを頂けたら嬉しいですカピバラ

ビアンでちょいオタな女がノロケまくるブログ-ブログ村にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。