方向音痴のおつかい

先ほど、たまりにたまっていたコメントのお返事をやっと返しました。
遅くなって、申し訳ありませんでした!(>_<)



そして、課題もやっと終わりました~(X_X)
っていうか、今日が期限でした。
いやー、もう死ぬかと思ったわ・・・。
ルーズリーフに書きすぎて、腕が腱鞘炎になるんじゃないかと…(笑)


というわけで、課題を予備校に出しに行って、解説聞いてからナナちゃんのところへ!!(・∀・)
実は、私の通う予備校とナナちゃんの会社は隣同士の駅なので、帰りに寄れちゃうのです!(それを狙ってこの予備校にしたとも言う)
だから、昨日から、


「明日は、ナナちゃんに会いに行くからね!!(≧∇≦)」

と大張り切り。
テンション、上がりまくりです。
何故なら、ナナちゃんに会えるから!!!
そこで、ワタクシ考えました。



(そういえば、ナナちゃん、ウィダーインゼリーが切れてるって言ってた!
でも、残業だから買いに行く暇がないって言ってた!)


キュピーン(・∀・)キラキラ

「ナナちゃん!明日は、私がナナちゃんにウィダーインゼリーを差し入れるよ!!」

「まじで!?いいの!!?」

「もちろん!ついでだから、他にダ○コクで買ってきてほしいものある?」

「えーっと、じゃあ、栄養ドリンクもいい?」

「おっけ!(≧∇≦)b」

「箱でお願い」

「(箱!?)おっけ!(≧∇≦)b」

「あ、イソジンも買ってきて」

「おっけ!(≧∇≦)b」

「いっぱい頼んじゃってごめんねあせる

「いいよ!任せとけぃっ!」


というわけで、ナナちゃんからお使いを頼まれました!
ナナちゃんの役に立てる、珍しい機会だぜ!!


でも、1つだけ問題が。私、ありえないほどの方向音痴なんです。
ナナちゃんと何度も行った事があるにも関わらず、ダイ○クまでの道を覚えていませんでした汗
ナナちゃんにも呆れられつつ、「○○方面に向かって歩いて、大きい道路沿いにあるからね」と、優しく行き方を教えてもらうも、

そもそも、○○方面って、どっち?(:.;゚;Д;゚;.:)

なんていうお粗末なレベル。
無事にお使いを遂行出来るのか、非常に怪しい・・・不安だ・・・



そして今日、予備校が終わり、ナナちゃんの会社のある駅へ。
さあ、ここからが勝負だ!!いざ・・・


「すみませーん、○○方面って、どっちですかー?(ノ∀`*)」

記憶を呼び戻す事より人に聞きまくる事を選んで、どうにか辿り着きました。
方向音痴って、人に聞くのを躊躇しなくなるのが良いですよね!ね!!(ポジティブ)


そして、無事に辿り着いた私は、栄養ドリンクとウィダーインゼリー、イソジンを買ったのですが、ここでまた問題が。

・・・どっちから来たんだっけ?(:.;゚;Д;゚;.:)


辿り着くのに必死すぎて、帰る方向がわからなくなりました。
その辺のおじさんに聞いて、すぐにわかりましたけど・・・自分の方向感覚のなさにビックリですよ。
ああ、方向音痴・・・最近、ナナちゃんが私の方向音痴を改善しようと密かに頑張ってくれていますが、治るのでしょうか?


いや、ナナちゃんが治そうと思ってくれてるなら、きっと治る!!
あんなに救いようのなかった寝坊癖でさえ、かなり改善されたんですからね!!(・∀・)きらきら!!

全ては愛の力で治ります!!!
(変な宗教みたいw)


その後、ナナちゃんの会社に行って、お使いの品を渡し、

イチャイチャして、イチャイチャして、イチャイチャしまくって、

満足して帰ったのでした心
あ、変な事はしてませんからね☆(←聞いてない)



ちなみに、私が帰る方向わからなかった事は、ナナちゃんには話していません。
これ読んだら、後で怒られるかな?

ドキドキですきゃぁ~


ランキング参加中です☆
ナナちゃんの可愛い愛犬(私のライバル)を、ポチっとよろしくお願いします♪

$ビアンでちょいオタな女がノロケまくるブログ-わんこ☆
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。